ビジネスメールで使える英語 〜“appreciate”を使いこなして丁寧なメールを送ろう!

こんにちは、Sherriです^^

今回はビジネスメールに使える英語第二弾ということで、 “appreciate”をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

英語のビジネスメールとは?

その前に簡単に英語のビジネスメールについて。

ご存知の通り英語にはいわるる敬語はありませんが、

より丁寧な言い回しやよりぞんざいな言い回しというのはやはり存在します。

その中で、特に丁寧な言い回しをうまく使って書くのが英語のビジネスメールです。

それでは早速今回のビジネスメールワンポイントを見ていきます。

ビジネスメールで使える “appreciate”

“appreciate”は「幸いです」というニュアンスで使える単語です。

もともとの意味は「ありがたく思う、感謝する」。

何かをしてもらった時に “I appreciate your cooperation”(ご協力に感謝します)といった形で使います。

これをビジネスメールで使うと、

ビジネスメールでよく登場する「〇〇していただけます幸いです」という言い回しの中の「幸いです」というニュアンスを出すことができます。

早速例文を見ていきます。

スポンサーリンク

例文

We would appreciate if you could send back the document. (書類を返送していただけますと幸いです)

このように、相手方に何かをお願いする際に使うと、シンプルに “Please〜” (〜をしてください)と書くより丁寧な印象になります。

We would greatly appreciate if you could kindly reply to this e-mail.

(このメールご返信いただけますと幸いです)

直訳すると「このメールに親切にご返信いただけましたらとても感謝します」。

ニュアンスとしては「ご返信いただけますと幸いです」となります。

ちなみに、 “appreciate”の前に “greatly”をつけることも多いです。

さらに丁寧な印象になるのであわせて覚えておけると良いと思います。

サンプルメール

それでは最後に簡単なサンプルメールを掲載します。

Hello,

Thank you for the document. (書類をありがとうございました)

We have reviewed the document and have attached couple questions for the document. (書類を拝見して、いくつか書類についての質問を添付いたしました)

We would greatly appreciate if you could check and clarify about those points. (それぞれの点について、ご回答をいただけますと幸いです)

Thank you,

Sherri

以上、今回は「幸いです」というニュアンスで使える “appreciate”をご紹介しました。

ぜひ使ってみてください^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です