ネイティブが多用する"hopefully"を使いこなそう!

基本単語である"hope"(希望する、願う)の活用形である"hopefully"

実はネイティブが多用する便利な単語です。

意味は「〜だといいな」。

スポンサーリンク

早速例文を見て見ます。

"Did you do well on your exam?" (試験うまくいった?)

"Hopefully." (だといいな)

このように、相手の言葉に対して

「そうだといいな」と答える時に使えます。

以下のように、文の前に付け加えて使用することも可能です。

"Hopefully, I did well on my exam." 

(試験うまくいっているといいな)

また、相手に要求をやんわり伝える時にも使えます。

"Can you do this, hopefully by Monday?" 

(これやっていただけますか?できれば月曜日までに)

この場合は「できれば」というニュアンスになります。

スポンサーリンク

それでは最後にアンとベルの会話をお楽しみください!

Ann: Do you think David will help us? (デイビットは私たちを手伝ってくれるかしら)

Bell: Hopefully. (だといいな)

Ann: And hopefully as soon as possible. (できればASAPでね)

ぜひ使ってみてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です